投稿者「umayase」のアーカイブ

歯医者さんでの歯磨き指導

私が通っていた小中学校では、年に1回学校で歯科検診がありました。歯医者さんが保健室で生徒の歯をチェックし、虫歯が見つかると、後日担任の先生から、虫歯の場所や程度などが書かれた小さな紙を渡され、近所の歯科医院で治療する、というシステムです。この歯科検診で、私は毎回と言っていいほど、小さな紙を渡され、歯医者に通っていました。今にして思うに、歯磨きの仕方に問題があったと思うのですが、両親はもちろん、学校にやってくる歯医者も近所の歯医者も、そういった虫歯予防の指導はしてくれませんでした。そんなわけで、大人になってからは歯が悪いのがコンプレックスになっています。私が歯磨きの指導を受けたのは30歳の時です。引越した先の近所の歯医者さんが、予防歯科に力を入れていて、丁寧に磨くために、歯間ブラシやデンタルフロスの使い方なども指導してくれました。虫歯は日ごろの歯磨きで予防できるので、考えようによっては、風邪の予防よりも簡単です。子供の頃に今の歯医者さんに出会えていたらよかったのに、と思いながら、歯間ブラシを使ってしっかり歯磨きをしています。鎌ケ谷 歯医者